第6回の放送(⇒詳細はコチラ)で平井さんが考えてきたマンガのあらすじを、より人々に愛される作品にすべく、フクモト先生が本気で赤ペン添削をしてきてくれました!

しかし、

「やっぱり、なかったことにする」

という平井さんの衝撃的な一言により、残念ながら、日の目を見ることはなくなってしまいましたが、その真っ赤な努力の跡は成長の記録…。

立派な人間へと近づいている証に原稿を特別公開いたします


p_01

p_02
p_03

マンガへの感想やねぎらいの言葉などありましたら、ブログのコメント欄やメールにて何でもお送りください!

また、「これはぜひ出版したい!」とうっかり何かしらの可能性を感じてしまった漫画編集部の方などもしどこかにいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。お待ちしております。


★幻のマンガ『さき、あやまっときます。』第一話はこちら
★幻のマンガ『さき、あやまっときます。』第二話はこちら